WEBマーケティング

【保存版】フォローしておきたい「マーケティング業界の有名人」12選【Webマーケター必見】

どうも、Webマーケター兼中小企業診断士のTomatsuです。

デザイナーといえば「佐藤可士和さん」、作曲家といえば「久石譲さん」、建築家といえば「安藤忠雄さん」、放送作家といえば「高須光聖さん」。

このように〇〇業界といえば□□さんのように、その業界を代表する有名人がパッと思いつく業界とそうでない業界があります。

では「マーケティング業界」はどうでしょうか?

いわゆる誰でも知っているような超有名人はごくわずかですが、日々、革新的な取り組みや気づきに満ちた発信をされている方々であれば多数おります。

今回はそういったマーケティング業界をリードする著名人についてまとめました。

私も今回紹介させていただく方のご発信内容で勉強させて頂いており、Webマーケターを志す方であればフォロー必須と感じますので、ぜひ最後まで読んで下さいね!

フォローしておきたい「マーケティング業界の有名人」12選

1. 森岡毅
(株式会社 刀CEO)

まずは言わずと知れた超有名マーケター、株式会社刀の森岡毅さん。

P&Gでヴィダル・サスーンなどのブランドマネジャーなどを担当し、2010年にCMOとして鳴り物入りでUSJに入社。当時経営難だった状況から大ヒットキャンペーンを連発させ、見事V字回復させたことでも有名です。

独自の確率統計ノウハウを用いた戦略理論と奇抜なアイデアをうまくミックスさせるだけでなく、実行組織にマーケティングの文化を植え付け実際に有言実行させるという、まさに「サイエンス」と「アート」と「エクセキューション(実行)」を兼ね備える日本最強マーケターですね。

著書の「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」は、マーケティングを志すものであれば一度は読むべきですので、まだの方はぜひ手に取ってみてください。

森岡毅

  • 生年月日:1972年10月12日(49歳)
  • 職業:株式会社 刀CEO
  • 最終学歴:神戸大学経営学部卒業
  • 過去勤務先:P&G、USJ
  • SNSアカウント: ー

2. 西口一希
(Strategy Partners代表)

次は、先ほどと同じくP&G出身で現在Strategy Partners代表として数多くの企業のマーケティング支援を行なっている西口一希さんです。

P&Gやロート製薬、ロクシタンジャポンなど、大手消費材メーカーを渡り歩きながら、数々のヒット商品のマーケティングをリードされてきたモンスター級のマーケターです。

2017年にはスマートニュースにマーケティング担当執行役員として入社し、同社をユニコーン企業まで成長させたことでも有名です。

著書である「たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング」では、新たなマーケティング概念として「9セグマップ」や「顧客ピラミッド」などを提唱。この概念は、高解像度かつ汎用性の高いフレームワークとして多くのマーケターからも注目されています。

西口一希

  • 生年月日:1968年生まれ(53歳)
  • 職業:Strategy Partners代表
  • 最終学歴:大阪大学経済学部卒業
  • 過去勤務先:P&G、ロート製薬、ロクシタン、スマートニュース
  • SNSアカウント: ー

3. 足立光
(ファミリーマートCMO、経営コンサルタント)

森岡さん、西口さんと同じP&G出身のマーケターである足立光さん。

P&Gを退職後、ローランド・ベルガー、シュワルツコフヘンケル、ワールドを経て2015年に日本マクドナルドの上席執行役員マーケティング本部長CMOに就任。当時、業績が急落していた同社のV字回復に大きく貢献しました。

特に「ポケモンGO」とのコラボ企画では、ジムやポケストップなどを2900店舗に設置し、「ミュウツー」とのバトルも楽しめ、全国のトレーナーに最高のエンタメを提供し、大きな話題を呼びました。

実は先ほど取り上げた西口さんとはP&G時代の同期ということで、最近共著で「アフターコロナのマーケティング戦略 最重要ポイント40」という本を出版されております(入社当時はそんなに仲良くなかったとのことw)。

それにしても、P&Gはほんとすごいですね。優秀なマーケターをぞろぞろ排出しておりますね。ちなみに、P&G出身のマーケター集団はP&Gマフィアと呼ばれております。

足立光

  • 生年月日:1968年生まれ(53歳)
  • 職業:ファミリーマートCMO、経営コンサルタント
  • 最終学歴:一橋大学商学部卒業
  • 過去勤務先:P&G、ローランド・ベルガー、シュワルツコフヘンケル、ワールド、日本マクドナルド
  • SNSアカウント:@hikaruadachi

4. 垣内勇威
(WACUL CIO)

デジタルマーケティングの申し子とも呼ぶべきWACULの垣内さん。

垣内さんはビービットを経て2013年にWACULに入社、同社のChief Incubation Officer(CIO)として、Google Analyticsのデータをもとに改善ポイントの提案・施策管理の効果検証やデジマのPDCAを支えるDXツールである「AIアナリスト」の立ち上げに従事されました。

2019年には産学連携型の研究所である「WACUL Technology & Marketing Lab」を立ち上げ所長を兼任するとともに、本社の新規事業開発を担当されております。

Twitter上での深い見地に基づく、気づきに満ちたツイートが評判で多くのデジタルマーケターからフォローされております。

垣内勇威

  • 生年月日:1984年生まれ(37歳)
  • 職業:WACUL CIO
  • 最終学歴:東京大学卒業
  • 過去勤務先:ビービット
  • SNSアカウント:@yuikakiuchi

5. 松尾茂起
(ウェブライダーCEO)

SEOのプロ中のプロであるウェブライダー代表の松尾茂起さん。

「沈黙のWebマーケティング」「沈黙のWebライティング」の著者としても有名です。このシリーズは控えめに言って神本であり、私も擦り切れるほど読ませていただきました。

ウェブライダー式SEO集中講座からも分かるとおり、情緒的かつ適切な言葉・表現を丁寧に紡ぐことにこだわりを持っておられます。

SEOを「Search Engine Optimization」ではなく「Search Experience Optimization」と捉えており、データドリブンに偏らない人々の心に寄り添ったSEO施策に定評があります(Googleアルゴリズムに左右されない施策)。

松尾茂起

  • 生年月日:1978年生まれ(43歳)
  • 職業:ウェブライダーCEO
  • 最終学歴:関西学院大学経済学部卒業
  • 過去勤務先:音楽系制作会社
  • SNSアカウント:@seokyoto

6. 田部正樹
(ラクスルCMO)

次はラクスルで松本恭攝さんの最強の右腕として縦横無尽の活躍をされている田部さんです。

田部さんは丸井、T&Gを経て2013年にラクスル入社。当時ネット印刷分野で後発組であったラクスルの状況を目にし、「単純なWEBマーケでは勝てない」と感じたとのこと。

この見立てに基づき、地方におけるTV広告を活用し、『ネット印刷=ラクスル』というポジションを獲得することに至りました。

田部さんは現在、同社のCMOとして運用型テレビCM事業である「ノバセル事業」の立ち上げおよび責任者を兼任されておりますが、この事業の成功の裏にはラクスル事業をグロースさせた経験が生かされております。

田部正樹

  • 生年月日:1980年生まれ(41歳)
  • 職業:ラクスルCMO
  • 最終学歴:中央大学文学部卒業
  • 過去勤務先:丸井、T&G
  • SNSアカウント:@tabemasaki1

7. 飯髙悠太
(ホットリンクCMO)

SNSマーケティング界の風雲児であるホットリンクCMOの飯高悠太さん。

Webマーケターなら誰しもがお世話になったことがあるWebマーケティングメディアである「ferret」の初代編集長であり、SNS時代の購買プロセスである「ULSSASの提唱者」でもあります。

著書である「僕らはSNSでものを買う」では、今の時代の消費者は、「User Generated Contents(UGC)」すなわち「ユーザーによって作られたコンテンツ」に高い反応率を示し、それが結果的にサービス・商品の高いコンバージョンにつながることを指摘されております。

UGCの誘発には小手先のテクニック論は通じず、「本当に良いものを必要としている人に届ける」という至極当然ながら、こういった時代だからこそ大切にすべきマーケティングの本質について述べられております。

飯髙悠太

  • 生年月日:1986年6月21日(35歳)
  • 職業:ホットリンクCMO
  • 最終学歴: ー
  • 過去勤務先:クラッチ、ハイベロシティ、ベーシック
  • SNSアカウント:@yutaiitaka

8. 江藤美帆
(Jリーグ栃木SCマーケティング戦略部長、ノジマ社外取締役)

次は日本国内におけるSNSマーケティングの第一人者である江藤美帆さんです。

江藤さんは、マイクロソフトを経てオプトに入社しWebマーケティングメディア「kakeru」の初代編集長を務められました。

「えとみほ」の愛称で親しまれており、「インスタジェニック」などのトレンドワードを生み出したり、独特の感情に基づくマーケティング施策に定評があります。

Snapmart代表時代はメディア出演も多数こなしており、ホリエモンチャンネルへの出演でも話題になりました。

炎上も多いですが、SNSの扱い方が非常に巧みで、栃木SCの客先動員数のアップに貢献している注目の女性マーケターと言えます。

江藤美帆

  • 生年月日:1972年生まれ(49歳)
  • 職業:Jリーグ栃木SCマーケティング戦略部長、ノジマ社外取締役
  • 最終学歴:米国フロリダ州立大学経営学部卒業
  • 過去勤務先:マイクロソフト、Snapmart
  • SNSアカウント:@etomiho

9. 明石ガクト
(ワンメディア代表)

次は、一度その風貌を見たら忘れられない、動画マーケティング時代の風雲児、明石ガクトさんです。

エキサイト社を経て、大学時代の映像サークルの後輩とともにワンメディア(創業当時はスポットライト社)を創業して以来、1500本以上の映像作品をプロデュースしております。

スマホでの視聴に最適かしたノウハウを駆使し、SNSプラットフォーム各社の特徴を活かした動画の表現力に定評があります。

マーケティング戦略にも精通しており、企画制作・配信・効果測定まで総合的なプロデュースが可能な、まさに次世代に最も必要とされるマーケターと言えるでしょう。

明石ガクト

  • 生年月日:1982年生まれ(39歳)
  • 職業:ワンメディア代表
  • 最終学歴:上智大学卒業
  • 過去勤務先:エキサイト
  • SNSアカウント:@gakuto_akashi

10. 黒澤友貴
(ブランディングテクノロジーCMO、マーケティングトレース主宰)

次は、ブランディングテクノロジー社のCMOを務める黒澤さんです。

デザイナーによる「UIトレース」から着想を得て、マーケターの筋トレ手法である「マーケティングトレース」を開発されました。

日本全体のマーケティングリテラシーを底上げする」をミッションに2000人近くのマーケターが集まる学習コミュニティ「マーケティングトレース」を主宰されており、noteやTwitterでも日々マーケターに役立つ発信をされております。

ちなみに私も黒澤さんのオンラインサロンに参加させて頂いておりますが、気づきに満ちた情報が多く、日々刺激をもらっています。

黒澤友貴

  • 生年月日:1988年生まれ(32歳)
  • 職業:ブランディングテクノロジーCMO、マーケティングトレース主宰
  • 最終学歴:明治学院大学経済学部卒業
  • 過去勤務先: ー
  • SNSアカウント:@KurosawaTomoki

11. 枌谷力
(Baigie CEO)

「BtoB企業のためのウェブ制作」に定評のあるBaigie代表の枌谷さん。

NTTデータ、広告代理店を経て、2007年にフリーランスとしてWebデザイナーとして開業し、2010年に法人化。現在、Baigieとして10期目を迎えられております。

ブログやSNSの発信が本質的すぎて信者的なフォロワーが多いことでも有名であり、その社長が引っ張るオウンドメディアだけあって、Baigieのブログも相当なPV数を誇ります。

なお、社員は全て製作者ということで営業・マーケティングは全てHPに任せております。

自社のHPで圧倒的な成果を出すことで顧客提供価値を示すというウェブ制作会社のお手本のような経営をされており、多くの企業から羨望の眼差しで見られております。

枌谷力

  • 生年月日:1972年生まれ(49歳)
  • 職業:Baigie CEO
  • 最終学歴:横浜国立大学卒業
  • 過去勤務先:NTTデータ
  • SNSアカウント:@sogitani_baigie

12. 栗原康太
(才流CEO)

最後は才流代表取締役の栗原さんです。

2011年にIT系上場企業に入社し、若くしてBtoBマーケティング支援事業を立ち上げ、事業部長、経営会議メンバーを歴任し、2016年に才流を創業。

再現性の高いデジタルマーケティングメソッドに基づき、多くの中小企業のマーケティング戦略・施策の立案およびPDCA支援を提供されております。

神クオリティの資料を出し惜しみすることなく才流HPで公開しており、多くのデジタルマーケターから「ありがとう、才流」と何度も感謝されていることでしょう

Twitter発信の一つ一つが深く、私自身、栗原さんの発信は毎日ウォッチさせて頂いております。絶対フォローしておいた方が良いでしょう。

栗原康太

  • 生年月日:1988年生まれ(33歳)
  • 職業:才流CEO
  • 最終学歴:東京大学文学部卒業
  • 過去勤務先:IT系上場企業
  • SNSアカウント:@kotakurihara

まとめ

以上、本記事では「マーケター志望ならフォローしておきたマーケティング業界の有名人12選」について紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

本記事が新たな気づきのきっかけにつながれば幸いです。

もし、「この人の〇〇の部分を深掘りして欲しい」みたいなコメント・要望があれば是非コメント下さい。

可能な限り解答させて頂きます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。