中小企業診断士について

2月26日(土)デジタルマーケティングラボ(DML)第13回定例会開催報告

どうも、中小企業診断士兼WEBマーケターのトーマツです。

2月26日(土)にデジタルマーケティングラボ(DML)の第13回定例会を開催しましたので開催報告をアップしたいと思います。

第13回定例会:実施報告

第13回目となった今回は以下のアジェンダで開催しました。

  1. 事務連絡
  2. LP最強の3パターン
  3. 北の達人コーポレーションビジネスモデル紹介
  4. Google広告・Facebook広告を使ったイベント集客

①事務連絡


(a) 見学希望者・新規加入メンバー紹介

今回はR3年度の診断士試験に合格された、6名の方々に見学にいらして頂きました!みなさまありがとうございました!

(b) 政策研・チームの歩き方
今回は見学にいらしている方が多かっため、3月27日(日)に予定されている中小企業政策研究会のオリエンテーションについて共有しました。

(c) 読書会について
朝日さんを中心に企画している読書会ですが、次回は3月5日(金)に開催予定です。毎回マーケティングや経営関係の本を取り上げているのですが、次回は趣を変えて「マンガ」について取り上げる予定です。

読書会については、中小企業診断士一発合格道場の朝日さんの記事「読書効果を爆上げ! 診断士におすすめの読書会」でも案内されておりますので、こちらもぜひご覧ください~!

(d) DML案件の進捗共有
DMLで支援させて頂いている案件の状況を共有しました。1月24日にはペンディングになっていた案件にて無事ご縁を頂けることになり、SEOを軸とした支援を実行させて頂く予定です。

(e) 改めてDMLの活動内容共有
今回は見学者の方々もいらしていたので改めてDMLの目的・活動内容や1年目の活動実績、推奨アクション等を共有しました。

②LP最強の3パターン(玉川さん)

今月2つ目のトピックスでは、玉川さんから「ビジネスを加速させるランディングページ最強の3パターン」(中尾豊さん著)の書籍紹介をして頂きました。

スマートフォンの普及からランディングページ(LP)の需要性が増してきましたが、効率的なLPを作成するにはユーザーが欲しくなる論理展開を構築する必要があります。

論理展開の方法は顧客の状況によって変えるべきであり、この本ではPDLモデルとして整理されております。

  1. 問題解決型:Pモデル(Problem)
  2. 欲求充足型:Dモデル(Desire)
  3. 潜在的需要型:Lモデル(Latent Demand)

例えば、Dモデルは生活になくても困らないが潤う、心が満たされるような「最新ゲーム」「高級時計」などが対象ですが、DモデルのLPは以下のように論理展開すべきと説明されています。

  1. 共感を得る
  2. 信用してもらう
  3. 想像させる
  4. 比較してもらう
  5. 不安を解消する
  6. 買う理由(言い訳)を作る
  7. 行動を促す

また、この本では、論理展開以外にもモデルに応じた媒体選定の基準についても触れてい流ようです

例えば、Pモデルであれば、ユーザーはスピーディな問題解決を求め「能動的に解決策を調査している状況が予想できる」ため「検索連動型広告が最適」と解説しているとのこと。

他にも紹介したい話が盛りだくさんでしたが、記事中ではこの辺りに留めておきたいと思います。

玉川さん大変勉強になるプレゼンをありがとうございました!

③北の達人コーポレーションビジネスモデル紹介(栗原さん)

今月3つ目のトピックスでは、栗原さんにEC事業の成功事例として取り上げられることの多い「北の達人コーポレーションのビジネスモデル紹介」をして頂きました。

詳しい内容は、割愛しますが、同社のマーケティングに対する考え方は通常の会社のそれとは異なり、かなり勉強になります(マネはなかなかできません)。

例えば、通常の会社であれば、売上目標を達成するためにマーケティングファネルの認知フェーズからガンガン広告を回していく戦術を取りがちですが、同社の場合は、利益率を重視した経営のため刺さると確証の取れるユーザーにピンポイントでプロモーションを打つ。

これにより21年期の売上高経常利益率は驚異の22%を叩き出しております。

他にも同社のヒット商品であるカイテキオリゴの商品開発プロセスにみる経営戦略やマーケティング戦略の打ち出し方はとても参考になります。

ぜひ同社の木下社長の「売上最小化、利益最大化の法則」も手に取っていただければと思います。

栗原さん、とても勉強になるご発表をありがとうございました!

④Google広告・Facebook広告を使ったイベント集客(西尾さん、小寺さん)

今月最後のトピックスでは、現在DMLで取り組んでいる大手住宅設備メーカー向けのイベント集客支援の実践事例紹介という名目で、西尾さん、小寺さんにGoogle広告・Facebook広告の活用方法について共有頂きました。

Google広告やFacebook広告は、管理画面がトリッキーですし、予算配分や配信設定の考え方に慣れるまで時間を要します。

初心者の方にはとっつきにくい分野ではありますが、西尾さん、小寺さんには実際の案件を事例に、DMLメンバー向けに大変わかりやすいマニュアルを作成いただくことができました。

次回の定例会では、実際のキャンペーンの実績について共有しようと考えております。

西尾さん、小寺さん、お忙しいところ誠にありがとうございました!

最後の集合写真。みなさま貴重な週末にありがとうございました!

来月も開催しますので、見学希望の方はぜひお問いわせください。

お問い合わせはこちら

研究会概要

目的

中小企業にデジタルマーケティングをもっと身近にをモットーに、中小企業経営における重要課題である売上向上を支援していくためのデジタルマーケティングツールや方法論を検討し、実践を通じて使えるスキルを身につける。

なぜ今デジタルマーケティングなのか?

  • デジタル広告需要の増加しているため
    (2019年にテレビ広告費を抜いてトップに!)
  • コロナ禍においてデジタル媒体の重要性が高まっているため
  • デジタルマーケティングは売上向上に直結するため
    (企業が倒産する理由のNo.1は販売不振)

方針

「デジタルマーケティング」をキーワードに、診断士活動の情報交換、事例紹介、ネットワーク形成のきっかけとなる「場」を目指します(独立・企業内問いません)。

私自身もデジタルマーケティングを始めたばかりですので、一緒に切磋琢磨できる仲間を探しております。見学・様子見入会OKです。少しでも興味がある方はぜひ!

[求める人材像]

  • オウンドメディア(ブログ・SNS)を保有し、自らデジタルマーケティングを実践している方(あるいは実施する予定の方)
  • マーケティングや消費者行動に対する興味・関心を持っている方
  • 新しいツール・考え方への好奇心を持ち、自ら学習できる方

活動内容

2021年1月に設立しました。

立ち上げ期は、下記のようなあらゆる活動を試していきたいと思っています。

  1. デジタルマーケティングを題材とした勉強会(相互学習)
    (HP製作・ECサイト製作・Webディレクション・Web解析・SEO・コンテンツマーケティング・SNS・運用型広告・グロースハック)
  2. デジタルマーケティング成功事例の分析研究
  3. デジタルマーケティング実務家による講演会
  4. デジタルマーケティングを活用した中小企業支援
  5. メンバーが保有するオウンドメディア(ブログ・SNS・YouTubeなど)の改善ワークショップ

上記に限らず、中小企業向けのWEBマーケティング書籍出版等にもチャレンジしていきたいと思っています。もちろんメンバーからの持ち込み企画はいつでも大歓迎です!

参加資格

  • 中小企業診断士
  • 中小企業診断士試験に合格済みの方

活動頻度・実施日

(基本的に)毎月第3土曜日午後

*上記以外にSlackで適宜情報交換を行う

  • 設立後まもないフレッシュなチームですので、スタートアップメンバーとして自由な企画を実装可能!
  • 基本オンライン開催なので、どの地域からも参加できます!
  • 適宜、親睦イベント開催いたします!

1ミリでも興味のある方は「お問い合わせ」まで

お問い合わせはこちら